Healerでは記事ごとにメタタグを設定することができます。

どうでしょう。設定はきちんとされていますでしょうか。

noindex-nofollow-proper-use-01

もしかすると、メタタグってどんな役割をしているのか、いまいちピンときてない方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事では、どんな記事のときにどんなメタタグを設定したら効果的なのかを具体的に解説していきますので、是非参考にしてみてください。

そもそもメタタグって何?

メタタグとはサイトの情報や設定などを検索エンジンのクローラーに伝えるためのもので、クローラーというのは、定期的にサイトに訪れるロボットプログラムのことです。

メタタグは様々ありますが、Healerで設定できるのはmeta robots、meta keywords、meta descriptionの3種類です。

meta robotsはindexとfollowの2つあり、indexはサイトを検索エンジンにインデックス(登録)させるかさせないか、followはサイト内に配置されたリンク先をクローラーに辿らせるか無視させるかを決めます。

逆の意味で設定するにはnoindexとnofollowと記述します。

meta keywordsは記事内容のキーワードを指定します。

meta descriptionは記事の概要を指定します。設定した内容は検索結果の説明文に表示されます。

noindex-nofollow-proper-use-02

これらをきちんと設定をすることで、クローラーに正確な情報を伝えることができるのでSEOを少し有利にさせることができます。

あくまで可能性なので100%のお約束はできません

index、followの上手な使い方

これらのメタタグの中で、特に意識して設定してもらいたいのがindexとfollowです。

例えば、以下のような記事はnoindexにすることをオススメします。

  • 休業日などのお知らせ
  • キャンペーンなど期間限定の記事
  • 内容の薄いと思われる記事

店舗ブログでは、臨時の休業日のお知らせやキャンペーンのお知らせをすることがよくあるかと思います。

こういった場合は、メタタグ設定に「noindex,follow」と必ず記入してください。インデックスはさせないけどリンクは辿って大丈夫ですよという意味になります。

スズキ
なんでわざわざ表示させなくするの? アクセス数減るんじゃないの?
ヤマカワ
そんなことはありません、むしろ逆です

検索結果に表示されないので、それらの記事には直接アクセスできなくなるのは確かです。

ですが、極端に文字数の少ない記事や期間が過ぎたら意味をなさない記事は読者にとってはどうでしょう。あまり良コンテンツとはいえないですよね?

こういうコンテンツがどんどん増えると、該当の記事ページだけではなくサイト全体の評価が下がり、サイト全体の順位が下落する傾向にあります。

なので、順位を上げるというより順位を落とさないように意識的にメタタグを設定するということが大事になります。

あまり意識していなかったという方は、ぜひこれを機に記事の内容に合わせて使い分けてみてください。

Follow me

-SEO対策
-

メタタグの役割とは?こんな記事はnoindexにしよう
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非Healerの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。