【初期設定⑦】「サイトマップ」の設定

healer-sitemap-setting-thumbnail

「サイトマップ」の設定方法を説明します。

サイトマップとは

サイトマップとは名前の通り、
Webサイトの構造を表した地図のようなものです。

サイトマップを作ることで、
訪問者にサイトの内容を一目で分かりやすく伝えることができます。

また、Webクローラーに対してサイトの構造を伝えることで、
Googleなどの検索エンジンにインデックスを促すという役目も担っています。

サイトマップの種類

サイトマップには、

  • 訪問者にサイト全体のページリンクを伝える「HTMLサイトマップ」
  • 検索エンジンのクローラーにサイト構造を伝える「XMLサイトマップ」

の2種類あります。

サイトマップがないとサイトが運営できないというわけではありませんが、
ユーザビリティーやSEO対策という観点から必ず用意しておきたいものです。

訪問者向けのサイトマップ「HTMLサイトマップ」

Webサイトへの訪問者向けに作成するのが「HTMLサイトマップ」です。
名の通りHTMLで書かれており、サイト内のページへのリンクをまとめます。

HealerのHTMLサイトマップ

HealerのHTMLサイトマップ

ページ構成を「視認」できるようにすることで、
訪問者がサイト内で迷子になることを防ぐという目的もあります。

「HTMLサイトマップ」の設定方法

HealerはHTMLサイトマップ用のテンプレートを用意しているので、
プラグインをインストールする必要はありません。

設定は以下の流れでおこないます。

  1. サイトマップという名前の固定ページを作る
  2. パーマリンクを「sitemap」に変更する
  3. 固定ページの属性のテンプレートをサイトマップに変更する
サイトマップページの設定

サイトマップページの設定

あとは公開するだけです。

実際のHTMLサイトマップは以下のページになります。

healerver2-thumbnail

サイトマップへのリンクはフッターにでも表示しておきましょう。
フッターリンクの設定はグローバルメニューの設定と同じ方法でできます。

global-menu-setting-thumbnail
ヘッダー画像と背景カスタマイズの設定に引き続き、 今回は固定ページとグローバルメニューの設定をおこないます。 ヘッダー画像と背景カス

検索エンジン向けのサイトマップ「XMLサイトマップ」

検索エンジンにWebサイトの情報を伝えるのが「XMLサイトマップ」です。

XMLサイトマップには記事の公開日や最終更新日などが記述されています。
この情報を検索エンジンのロボットに伝えることで、検索結果へ早期にインデックスしてもらえるようになります。

「XMLサイトマップ」の設定方法

XMLサイトマップは、
WordPressプラグイン「Jetpack」を使うと簡単に作成できます。

設定は以下の流れでおこないます。

  1. 「Jetpack」をインストールする
  2. [XMLサイトマップを生成]にチェックを入れる

[プラグイン] ⇒ [新規追加]から「Jetpack」をインストールします。

設定ページのトラフィックタブから、
少し下にスクロールするとサイトマップの項目があります。

Jetpackの設定画面

Jetpackの設定画面

ここにチェックを入れれば完了です。

XMLサイトマップの生成

XMLサイトマップの生成

以下のURLにアクセスして、
XMLサイトマップのページが表示されるか確認してください。

http://ドメイン/sitemap.xml
XMLサイトマップページ

XMLサイトマップページ

healer-sitemap-setting-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。