【初期設定⑦】「サイトマップ」の設定

healer-sitemap-setting-thumbnail

「ブログ」一覧ページの設定に引き続き、
今回は「サイトマップ」の設定をおこないます。

「ブログ」一覧ページの設定がまだの方はこちらからお願いします。

healer-blog-setting-thumbnail
「お問い合わせ」ページの設定に引き続き、 今回は「ブログ」一覧ページの設定をおこないます。 「お問い合わせ」ページの設定がまだの方は

サイトマップとは

サイトマップとは名前の通り、
Webサイトの構造を表した地図のようなものです。

サイトマップを作ることで、
訪問者にサイトの内容を一目で分かりやすく伝えることができます。

また、Webクローラーに対してサイトの構造を伝えることで、
Googleなどの検索エンジンにインデックスを促すという役目も担っています。

サイトマップの種類

サイトマップには、

  • 訪問者にサイト全体のページリンクを伝える「HTMLサイトマップ」
  • 検索エンジンのクローラーにサイト構造を伝える「XMLサイトマップ」

の2種類あります。

サイトマップがないとサイトが運営できないというわけではありませんが、
ユーザビリティーやSEO対策という観点から必ず用意しておきたいものです。

訪問者向けのサイトマップ「HTMLサイトマップ」

Webサイトへの訪問者向けに作成するのが「HTMLサイトマップ」です。
名の通りHTMLで書かれており、サイト内のページへのリンクをまとめます。

HealerのHTMLサイトマップ

HealerのHTMLサイトマップ

ページ構成を「視認」できるようにすることで、
訪問者がサイト内で迷子になることを防ぐという目的もあります。

「HTMLサイトマップ」の設定方法

HealerはHTMLサイトマップ用のテンプレートを用意しているので、
プラグインをインストールする必要はありません。

固定ページを新規作成し、スラッグを「sitemap」、
テンプレートを「サイトマップ」にして更新してください。

番号の順番でサイトマップを設定してください

番号の順番でサイトマップを設定してください

実際のHTMLサイトマップはこちらです。

healerver2-thumbnail

サイトマップへのリンクはフッターにでも表示しておきましょう。
フッターリンクの設定はグローバルメニューの設定と同じ方法でできます。

global-menu-setting-thumbnail
ヘッダー画像と背景の設定に引き続き、 今回は固定ページとグローバルメニューの設定をおこないます。 ヘッダー画像と背景の設定がまだの方

検索エンジン向けのサイトマップ「XMLサイトマップ」

検索エンジンにWebサイトの情報を伝えるのが「XMLサイトマップ」です。

XMLサイトマップには記事の公開日や最終更新日などが記述されています。
この情報を検索エンジンのロボットに伝えることで、検索結果へ早期にインデックスしてもらえるようになります。

「XMLサイトマップ」の設定方法

XMLサイトマップは、
WordPressプラグイン「Jetpack」を使うと簡単に作成できます。

WordPress管理画面からプラグイン > 新規追加と進み、
検索フォームに「Jetpack」と入力してインストールしましょう。

設定ページのトラフィックタブから、
少し下にスクロールするとサイトマップの項目があります。

Jetpackの設定画面

Jetpackの設定画面

ここにチェックを入れれば完了です。

XMLサイトマップの生成のチェックを入れます

XMLサイトマップの生成のチェックを入れます

以下のURLにアクセスして、
XMLサイトマップのページが表示されるか確認してください。

http://ドメイン/sitemap.xml
XMLサイトマップが表示されれば成功です

XMLサイトマップが表示されれば成功です

初期設定は、今回の「サイトマップ」の設定で終了となります。

次の記事では、Healerと相性の良いおすすめプラグインをいくつか紹介します。

みなさんの利用環境に合わせて選別して入れてみてください。

recommended-plugins-thumbnail
Healerでサイト運営するのに便利なWordPressプラグインの紹介です。 必ず入れてほしいものと、 好みに合わせて選んでほしい
healer-sitemap-setting-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。